ICDS国家資格キャリアコンサルタント
更新講習

ICDSのキャリアコンサルタント更新講習の

概要

NPO法人ICDSでは、厚生労働省より、国家資格キャリアコンサルタント更新講習の実施機関として指定を受けております。

キャリアコンサルタント更新講習(知識講習・技能講習)とは

2016年4月1日より「国家資格キャリアコンサルタント」の登録制度が始まりました。登録制度の開始と同時に、5年毎に資格更新をするための更新講習の受講が必要となりました。
(法令義務「職業能力開発促進法施行規則」の説明はこちら)
キャリアコンサルタント更新講習とは、この資格更新に必要な講習のことです。

キャリアコンサルタントは、期間内に本講習を必要時間数受講し、国家資格キャリアコンサルタント登録を更新することとなります。つまり、受講しない場合、登録後もしくは更新後5年で資格を失効することになります。

講習時間数
(法律により規定されております)

知識講習…8時間以上/技能講習…30時間以上

知識講習8時間

職業能力開発、人事労務、労働市場、労働関係法令及び社会保障制度、学校制度、教育目標に関する最新知識を修得します。

+マーク
技能講習30時間

経験やレベルに応じた、全10種類の講座(各6~11時間分に相当)を用意しています。いずれも最新の知識・技能を習得できるよう常にアップデートしています。

現在受付中の更新講習

知識講習(必要講習時間:8時間)

必修知識アップデート講習

知識講習

Zoomオンライン開催

技能講習(必要講習時間:30時間)

技能研鑽コースA(認知行動療法的アプローチ)

技能研鑽コースA

オンライン開催

愛知県名古屋市②

愛知県名古屋市②

技能研鑽コースB(リアリティセラピー的アプローチ)

技能研鑽コースB

技能研鑽コースC(精神力動的アプローチ)

技能研鑽コースC

愛知県名古屋会場①

Zoomオンライン開催

愛知県名古屋会場②

技能研鑽コースD(グループアプローチ)

技能研鑽コースD

Zoomオンライン開催

愛知県名古屋市②

技能研鑽コースE(キャリアシート活用)

技能研鑽コースE

愛知県名古屋市①

技能研鑽コースF(自己理解・仕事理解 支援の実践)

技能研鑽コースF

愛知県名古屋市②

技能研鑽コースG(中学・高校・大学等でキャリア教育を担うキャリアコンサルタント必須スキル①VRT活用とキャリア教育推進力の向上)

技能研鑽コースG

愛知県名古屋市②

技能研鑽コースH(キャリア教育を担うCC必須スキル②キャリア教育推進とOHBYカード活用スキル向上)

技能研鑽コースH

技能研鑽コースI(発達障害傾向がある相談者のキャリア形成支援)

技能研鑽コースI

Zoomオンライン開催

愛知県名古屋市②

愛知県名古屋市②

技能研鑽コースJ(若年者の課題に応じたキャリアコンサルティング技法の向上)

技能研鑽コースJ

愛知県名古屋市①

技能研鑽コースK(メンタルヘルス上の課題がある相談者のキャリア形成支援)

技能研鑽コースK

Zoomオンライン開催

愛知県名古屋市②

受講の対象となる方

原則として、キャリアコンサルタント有資格者とさせていただきますが、キャリアコンサルタント有資格者の受講及び講習の進行を妨げない範囲において、キャリアコンサルタント有資格者以外の方のご受講も可能です。

  • 定員になり次第、締切りますのでお早めにお申し込みください。
  • 講座については、最低催行人数に満たない場合、実施を中止・延期することがあります
  • 出張講座も承ります。全国各地、ご希望の地域で開催可能です。
  • 詳しくはICDS事務局までお尋ねください。

開催会場一覧

名古屋会場①

ウィルあいち(愛知県女性総合センター)

名古屋市東区上竪杉町1番地
アクセス:https://www.will.pref.aichi.jp/frame/f-kotu.html

名古屋会場②

名古屋国際センター(NIC)

名古屋市中村区那古野一丁目47番1号
アクセス:https://www.nic-nagoya.or.jp/japanese/aboutnic/access/

講習修了判定基準

講習の修了は、次の全てを満たした方を修了とします。

  1. 通学形式による知識講習については、開講時間の全てを出席し、最終時間に実施するテストにおいて 6割以上正答した方。6割に至らなかった場合、誤答箇所の全てについて正答となる根拠を示す レポートを作成し1か月以内に提出した方を修了とします。
    ※修了判定基準の詳細を必ずご確認ください
  2. 通学形式による技能講習については、次の内容で習得度を担当講師が確認し ①②のいずれも「可」以上の方を修了とします。
  3. 通信形式による技能講習については、カリキュラムに定める作成課題を通学講座の出席時に提出し、 キャリアシート内の他者証明以外の全ての内容の記載を確認できた方を修了とします。

①取り組み姿勢評価

ワークに適切に参加した(優・良・可・不可)

不可
判定 基準 指示されたワーク等の演習を主体的、積極的に参加している。(例:他の受講生のモデルとなるような態度) 指示されたワーク等の演習に積極的に参加している。 指示されたワーク等の演習に参加している。 指示されたワーク等への参加態度が不良。(例:指示に従わず他所事をしている)

②最終時間に行う習得度確認

発表で自己の気付き、課題、習得した技能の活用方法などが的確にまとめられていた(優・良・可・不可)

不可
判定 基準 受講内容に関して要点をまとめて省察的に自己を客観視した意見として発表できる 受講内容に関して要点をまとめて主体的な意見として発表できる。 表面的ではあるが受講内容に関する要点が発表できる。 受講内容にふさわしくないか、関係のない発表

修了証の交付

前述の1.~3.の判定基準を満たした方に対して、「ICDSキャリアコンサルタント更新講習修了証」を 受講したID、氏名、修了日、更新種別、コース名、時間数を記載して交付します。