NPO法人ICDS

国家資格対応講座
ICDSキャリアコンサルタント更新講習

TEL:052-848-9618

実施機関:NPO法人ICDS

サイトマップ

知識コース

講習名
知識コース
目的
職業能力開発、人事労務、労働市場、労働関係法令及び社会保障制度、キャリア教育に必要な学校制度、教育目標に関する最新知識を修得します
対象となる方
本講習の受講を希望する方
講義時間数 対応する別表科目等 主な講習内容
通学 通信
1.職業能力の開発の知識 1.5h 人事・人材開発テキストに基づきポイントの解説
2.人事管理及び労務管理の知識 1.5h 人事・人材開発テキストのポイント解説
3.労働市場の知識 0.5h 最新版の労働・経済の分析と開催地域の労働市場について別途レジュメを配付しポイントの解説
4.労働関係法令及び社会保障制度の知識 0.5h 社会保障教育のテキストに基づきポイントの解説
5.学校教育制度及びキャリア教育の知識 1.5h テキストに基づきポイントの解説
6.メンタルヘルスの知識 1.5h テキストに基づきポイントの解説
7.習得度確認テスト 1h 4肢択一の習得度評価試験を実施
時間数合計 8h


技能研鑽コースA(認知行動療法的アプローチ)

講習名
技能研鑽コースA(認知行動療法的アプローチ)
目的
認知行動療法の基本となる、思考・感情・身体・行動の相互作用について学び、職務遂行のモチベーション向上を支援するスキルを身につけます
対象となる方
資格取得後、実践経験の浅い方(初級)
講義時間数 対応する別表科目等 主な講習内容
講義 演習
通学 通信 通学 通信
1.カウンセリングの技能 1h 0h 4h 0h 一-1 テキストに基づきワークショップ形式で実技ロールプレイなどを取り入れつつ実践的なスキルを涵養します
2.習得度確認 0h 0h 1h 0h 一-1  
時間数合計 1h 0h 5h 0h    


技能研鑽コースB(リアリティセラピー的アプローチ)

講習名
技能研鑽コースB(リアリティセラピー的アプローチ)
目的
現実療法のベースとなるチョイスセオリー、及び現実療法の基礎を学び、それらを実際の相談に応用するための姿勢とスキルをロールプレイ、ワークを通じて身につけます
対象となる方
資格取得から3年程度以上の経験を有する方(中級)
講義時間数 対応する別表科目等 主な講習内容
講義 演習
通学 通信 通学 通信
1.カウンセリングの技能 1h 0h 4h 0h 一-1 テキストに基づきワークショップ形式で実技ロールプレイを取り入れつつ実践的なスキルを涵養します
2.習得度確認 0h 0h 1h 0h 一-1  
時間数合計 1h 0h 5h 0h    


技能研鑽コースC(精神力動的アプローチ)

講習名
技能研鑽コースC(精神力動的アプローチ)
目的
あらゆるカウンセリングの叩き台となる精神分析の基礎を一通り学んだ後、ロールプレイ、ワークを通じて、面談スキル及び見立て力の向上を図ります
対象となる方
資格取得後、実践経験の浅い方(初級)
講義時間数 対応する別表科目等 主な講習内容
講義 演習
通学 通信 通学 通信
1.カウンセリングの技能 1h 0h 4h 0h 一-1 自社テキストに基づきワークショップ形式で実技ロールプレイなどを取り入れつつ実践的なスキルを涵養します
2.習得度確認 0h 0h 1h 0h 一-1 講習実施計画に定める方法・内容で習得度を確認
時間数合計 1h 0h 5h 0h    


技能研鑽コースD(グループアプローチ)

講習名
技能研鑽コースD(グループアプローチ)
目的
構成的なグループワークの基本から具体的なワークの運営方法について、ロールプレイやワークショップ運営と参加を通じて、ファシリテーションスキルの向上を図ります
対象となる方
企業内の人材開発や学生・若年者支援等に活動領域を拡大したい方、資格取得後、実践経験の浅い方(初級)
講義時間数 対応する別表科目等 主な講習内容
講義 演習
通学 通信 通学 通信
1.グループアプローチの技能 1h 0h 4h 0h 一-2 キャリアデザイン研修実践ワークブックに基づきファシリテーションのロールプレイ、ワークショップ運営と参加を通じて実践的なファシリテーションスキルを涵養します
2.習得度確認 0h 0h 1h 0h 一-2  
時間数合計 1h 0h 5h 0h    


技能研鑽コースE(キャリアシート活用)

講習名
技能研鑽コースE(キャリアシート活用)
目的
ジョブ・カードを活用したキャリアの棚卸、職業生活設計、目標設定についてロールプレイングとケースカンファレンスを通して実践的なスキルを身につけます
対象となる方
企業内の人材開発等に活動領域を拡大したい方。資格取得後、3年程度の経験を有する方。(上級)
講義時間数 対応する別表科目等 主な講習内容
講義 演習
通学 通信 通学 通信
1. キャリアシートの作成指導及び活用の技能

2.相談過程において必要な技能(自己啓発・意思決定・方策の実行支援)
0h 0h 3h 2h 一-3




二-4,5,6
受講者に事前にジョブカードを作成していただき(2h分の通信課題)、持参いただいたものを題材に、キャリアの棚卸、今後の目標設定、職業生活設計についてのロールプレイングとケースカンファレンスを通じて実践的なキャリアシート作成支援スキル、自己啓発についての情報提供と意思決定、方策の実行支援の演習(ロールプレイング)とケースカンファレンスを通じて実践的なスキルを涵養します
3.習得度
  確認
0h 0h 1h 0h 一-3  
時間数合計 0h 0h 4h 2h    


技能研鑽コースF(自己理解・仕事理解支援の実践)

講習名
技能研鑽コースF(自己理解・仕事理解支援の実践)
目的
相相談過程において必要な技能の一つである、自己理解支援ツールを活用し、その解釈や検討方法を学び、面談ロールプレイ等を通して、自己理解支援の実践スキルを身につけます
対象となる方
学生・若年者支援等に活動領域を拡大したい方。資格取得後、実践経験の浅い方。(初級)
講義時間数 対応する別表科目等 主な講習内容
講義 演習
通学 通信 通学 通信
1.相談過程において必要な技能(自己理解・仕事理解支援) 1h 0h 4h 1h 二-2,3 参加者に事前にVPI職業興味検査[第3版]を受検していただき、自己集計と「結果の見方・生かし方」(ワークシート)を作成(1h分の通信課題)・持参いただいたものを用いた解釈についての検討と面談ロールプレイを行い、自己理解支援の実践技能を高めていただきます。また、OHBYカード、CSPの活用との解釈をグループワーク形式で行い、自己理解・仕事理解についての実践的支援スキルを涵養します
2.習得度
  確認
0h 0h 1h 0h 二-2,3  
時間数合計 1h 0h 5h 1h    


更新講習のスケジュールはこちら